イイコトイッパイ日記

家事、育児、人付き合いなど苦手を克服する日記

拍手する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

カサンドラな父

家族で長い時間一緒に過ごすこの時期、実はヒヤヒヤしています。
夫がいつ怒り出すかわからないからです。

夫は自分の基準に人を合わせようとするところがあり、夫は息子のやることがいちいち気に入らず、最近は頭ごなしに叱ったり、人格を否定します。

息子は息子で反抗期なので、頭ごなしに叱る夫を睨みつけたり、物にあたったりします。
インドアな息子はこの長い休みをほとんどパジャマで過ごそうとするし、ゲーム三昧です。
夫はそんなだらけた息子の動向が気になり、イライラピリピリしています。


カサンドラ症候群というのがあって、発達障害者への報われない支援の毎日から、精神的苦悩や 疲弊が大きくなりすぎて、パートナー自身が精神的にサポートが必要になる状態をいうそうです。
一般にはアスペルガーの夫の妻がカサンドラになることが多いそうですが、我が家は夫がそうなってしまいました。

夫が息子を叱っているとき私は「私が普段から息子をもっときちんとしつけていれば」と思う反面、「このくらいいいんじゃないの?」と内心思うこともあります。

私の基準が一般よりゆるいのかもしれません。
というか、そもそも一般の基準が夫の基準と同じなのかよくわかりません。
夫の基準に合わせるということは息子も私も日々努力し続けなければならないということで、家でも緊張を強いられるということで、それは息子もかわいそうだと思います。

なので、叱りすぎだと思って私が息子の肩を持つと「この家の物は全部俺が買ってやったものだ、学校もやめろ(私立に通っているから)」「離婚だ!」「出て行く!」となってしまうので、本当に難しいです。

すぐ離婚だとか、誰のおかげで生活できているんだなどというのは最近はモラルハラスメントというらしいですね。
そうなると、わが夫の発言はモラハラ夫そのものです。

でも、夫は愛情深いところもあるのです。
息子の塾の送り迎えをしたり、息子のスニーカーを洗ってやったり、3DSのバッテリーを取り寄せて交換してやったり。
これらは息子が夫に頼んだ事ではなく、夫が勝手にやったことです。

これが愛でなくてなんなのだ!私なんて息子に頼まれたことだってすぐやってやらないのに!(汗)

ガミガミ叱っていることも、息子の将来を思ってしつけているから。
母親がしつけないから!(大汗)


夫は息子に頼まれてないことをやっているので、息子はそれほどありがたいと思わないのかもしれないですね。
でも、夫は「こんなにやってやっているのに感謝されない」と思う、だからカサンドラになっちゃうのかもしれません。

息子が夫にもっと感謝すればいいのでしょうが、そもそもが王子様体質、してもらって当たり前と思っている(多分)なので、「感謝しなさい」と言って聞かせてものれんに腕押し、ぬかにくぎです。


夫も息子もお互いに悪口を言い合っています。
もつれた糸はどこでほどけるのかな。
私が一所懸命になるとかえってもめそうなので、なるべく明るい雰囲気を作ったり、息子にさりげなく息子への父からの愛情について伝えたり、私が夫の地雷を踏まないように気をつけたいと思います。


*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

最近の記事

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。